検索
製品紹介
OPSソフトメニュー
OPS会社案内


トップ  >  アップデート版
 このカテゴリには 89 件のファイルがあります  |  表示数   |  
ソート順  タイトル () 掲載日 () 評価 () ダウンロード数 ()
現在のソート順: 日時(古いものから)

カテゴリ アップデート版
OPS固標2009 重複している取引事例番号のチェックツール


サイズ: 56.00 KB   掲載日:  2008-3-19
説明
 取引事例番号が同じで事例年度が異なる取引事例を登録している場合に、「事例比較法入力」画面で取引事例を採用した後で、「環境設定」画面から[取引価格の丸め方法]を変更して再計算すると、採用していない事例年度の取引価格に変わってしまう。(取引事例登録をしておらず、比準データにのみ取引事例を登録している場合は、本障害は関係ございません。)
 本障害に該当する取引事例をチェックするツールです。使用方法は下記を参照して下さい。
<使用方法>
1.ダウンロードしたファイルを、OPS固標2009のインストール先と同じ場所に保存します。
2.ダウンロードしたファイルをダブルクリックすると、チェックを行います。

ダウンロード数: 268   動作環境: Windows2000 Professional(SP4)/Windows XP(SP2 ただしProfessional x64 Editionを除く)/Windows Vista(32bit)  
| 詳細な説明を見る |

カテゴリ アップデート版
OPS固標2009 Ver.1.3.1


バージョン: 1.3.1   サイズ: 2.61 MB   掲載日:  2008-4-23
説明
OPS固標2009アップデートVer.1.3.1の修正内容

<修正の内容>
1.鑑定評価書(2)標準宅地評価価格の内訳(その1)の取引事例比較法の修正後価格及び(3)標準宅地価格評価の内訳(その2)の規(比)準価格に数十円から数百円の誤差が生じる場合がある障害を修正し、該当するデータをチェックするツールを追加しました。

【チェックツールの使用方法】
・メニューバーの[システム]-[整合化ツール]-[事例比較法・規比準価格データの整合化]をクリックすると「事例比較法・規比準価格データの整合化」画面が表示されます。
・1のチェック処理の[実行]ボタンをクリックして下さい。
※本障害の修正に伴い、比準データの受け取り時に、標準化補正率を環境設定の格差の丸め方法通りに受け取るように仕様を変更しました。


2.取引事例番号が同じで事例年度が異なる取引事例を登録している場合に、「事例比較法入力」画面で取引事例を採用した後で、「環境設定」画面から[取引価格の丸め方法]を変更して再計算すると、採用していない事例年度の取引価格に変わってしまう障害を修正しました。(平成20年3月19日付障害情報の内容)

ダウンロード後の設定手順
こちらの設定手順をご覧下さい。

ダウンロード数: 319   動作環境: Windows2000 Professional(SP4)/Windows XP(SP2 ただしProfessional x64 Editionを除く)/Windows Vista(32bit)  
| 詳細な説明を見る |

カテゴリ アップデート版
OPS地価公示2009 Ver.1.0.2


バージョン: 1.0.2   サイズ: 10.00 MB   掲載日:  2008-10-24
説明
OPS地価公示2009 アップデートVer.1.0.2の修正内容

事例をPDFファイルとして出力する際の以下の障害を修正しました。
・表1に記載の帳票において、事例データを2件以上同時にPDFファイルとして出力する場合に、出力する事例データに表1に記載の項目が登録されていないデータが含まれていると、空白で印字されるはずの項目に1件前の事例の内容が印字される。



※1:「取引事例カード 印刷」画面の[帳票の上部に識別番号を印字する]にチェックをつけている場合にのみ印字されます。
※2:「運用登録」画面の[事例印刷]タブの「事例カード図面に補修正率を印字」を「する」に設定している場合にのみ印字されます。


ダウンロード後の設定手順
こちらの設定手順をご覧下さい。

ダウンロード数: 247   動作環境: Windows2000 Professional(SP4)/Windows XP(SP2 ただしProfessional x64 Editionを除く)/Windows Vista(32bit)  
| 詳細な説明を見る |

カテゴリ アップデート版
OPS地価調査2009別添 Ver.1.0.1


バージョン: 1.0.1   サイズ: 1.48 MB   掲載日:  2009-5-8
説明
OPS地価調査2009別添 アップデートVer.1.0.1の修正内容

お送りした製品(CD-ROM)の初期設定にミスがあり、お客様がお使いのプリンタの環境によって、各事例カード印刷物の○線が太い線で印刷される場合がある障害を修正しました。


ダウンロード後の設定手順
こちらの設定手順をご覧下さい。

ダウンロード数: 120   動作環境: Windows2000 Professional(SP4)/Windows XP(SP2 ただしProfessional x64 Editionを除く)/Windows Vista(32bit)  
| 詳細な説明を見る |

カテゴリ アップデート版
OPS地価調査2009 Ver.1.0.2


バージョン: 1.0.2   サイズ: 16.24 MB   掲載日:  2009-5-21
説明
■説明
OPS地価調査2009 アップデートVer.1.0.2の修正内容

※ 林地の鑑定評価を担当されるお客様のみアップデートして下さい。

1.林地の「前年公示価格等検討」画面([メインメニュー]-評価書作成[7.鑑定評価書]から[前年公示価格]ボタンをクリックして下さい。)にある[前年標準価格]が誤った金額で保存、取り出される障害を修正致しました。

2.林地-1(8)∧册偉┐印字されない障害を修正致しました。

※Ver.1.0.2にアップデートした後(ネットワーク設定で使用されているお客様は、すべてのPCをアップデート後)に、[前年標準価格]が正しい金額になっていない場合は価格を入力し直して下さい。

ダウンロード後の設定手順
こちらの設定手順をご覧下さい。

ダウンロード数: 445   動作環境: Windows2000 Professional(SP4)/Windows XP(SP2 ただしProfessional x64 Editionを除く)/Windows Vista(32bit)  
| 詳細な説明を見る |

カテゴリ アップデート版
OPS地価公示2010 Ver.1.0.3


バージョン: 1.0.3   サイズ: 20.89 MB   掲載日:  2009-11-16
説明
<修正の内容>
1.鑑定評価書(宅地)の鑑定評価書データを「OPS地価公示2010」や「OPS地価調査2009」からデータを取り込んだり、平成18年地価公示統一フォーマットで受け取ったりした際に、「前年公示価格等検討」の[同一標準地区分]が誤って取り込まれる障害を修正致しました。
2.純収益算定内訳表の1枚目の[亜仝⇒金等の運用益及び償却額(空室損失考慮後)]の年賦償還率が印字されなかった障害を修正致しました。
3.「統一フォーマット 桁数エラーリスト」(決定理由2〜4など)が印字され、鑑定評価書の印刷またはデータが取り出せない障害を修正致しました。
4.地価公示統一フォーマットの仕様通りに鑑定評価書を取り出すよう、修正致しました(原価法が“不適用”の場合に、積算価格が“空欄”で取り出されるなどの障害対応も含みます。)
以下のデータにつきましては、大変お手数ですがお客様側でデータの修正をお願い致します。
・宅地及び宅地見込地の「標準地登録」画面 [前面道路の状況]の側道状況
  統一フォーマットにない”二方路”のデータが登録されている場合は、アップデート後の初回起動時に「鑑定評価書データのエラーリスト」がプレビュー表示されます。該当の標準地番号を呼び出し、正しいデータ(“側道”または”背面道”)に修正していただきますようお願い致します。
・林地 「取引事例登録」画面  [事例カードにはないが鑑定評価書に転記される項目]の[側道等接面状況]
 統一フォーマットにない“二方路”のデータが登録されている場合は、[側道等接面状況]のコンボボックスから正しいデータ(“側道”または”背面道”)を選択して下さい。
・林地 「取引事例登録」画面  [事例カードにはないが鑑定評価書に転記される項目]の[前面道路の舗装状況]
 誤った値になっている場合がありますので、全件入力し直して下さい。
5.取引事例の[その他特記事項]に全角50文字を入力した場合に、事例カードが印刷できない障害を修正致しました。

上記1に該当するデータがあった場合は、アップデート後の初回起動時に、「鑑定評価書データのエラーリスト」がプレビュー表示されるので、それをもとに以下の方法でデータを修正して下さい。

<一括修正方法>
[メインメニュー]–保守[4.ユーティリティ]–[12. 宅地 前年公示価格等検討 「同一標準地区分」の一括変換] の[実行]ボタンをクリックして下さい。
※「前年公示価格等検討」画面でも個別に修正していただけます。下記<入力画面での個別修正>を参照して下さい。

<入力画面での個別修正>
「前年公示価格等からの検討」画面の[同一標準地区分]の下段のコンボボックスから“空欄”のデータを選択し、保存して下さい。

ダウンロード数: 194  
| 詳細な説明を見る |

カテゴリ アップデート版
OPS地価調査2010 Ver.1.0.4


バージョン: 1.0.4   サイズ: 13.03 MB   掲載日:  2010-7-14
説明
修正内容
区域区分が「都市計画区域外」の事例を採用した鑑定評価書データを取り出すと、誤った値で取り出される障害を修正致しました。

ダウンロード後の設定手順
こちらの設定手順をご覧下さい

ダウンロード数: 565  
| 詳細な説明を見る |

カテゴリ アップデート版
OPS地価公示2011別添 Ver.1.1.0


バージョン: 1.1.0   サイズ: 1.26 MB   掲載日:  2010-11-19
説明
修正内容
平成23年度収益還元法適用数値検討調書の様式に対応いたしました。(OPS地価公示2011別添付を購入の方のみ)

ダウンロード後の設定手順
こちらの設定手順をご覧下さい

ダウンロード数: 63  
| 詳細な説明を見る |

カテゴリ アップデート版
OPS地価公示2011 Ver.1.0.6


バージョン: 1.0.6   サイズ: 12.50 MB   掲載日:  2011-1-8
説明
アップデートされる前は必ずバックアップをおとりください。
修正内容
「取引事例一覧入力」画面から月率変動率を入力すると、時点修正率が計算されない場合がある障害を修正いたしました。
※アップデート後の初回起動時に不整合なデータがあれば再計算します。
 不整合なデータがなければ何も表示されませんので、そのまま作業をお進め下さい。
 再計算したデータがあれば一覧をプレビューします。メニューバーのプリンタから印刷して下さい。
 登録されている取引事例の件数により、起動までに時間がかかる場合があります。

ダウンロード後の設定手順
こちらの設定手順をご覧下さい

ダウンロード数: 412  
| 詳細な説明を見る |

カテゴリ アップデート版
OPS相続税2011 Ver.1.0.3


サイズ: 8.60 MB   掲載日:  2011-1-15
説明
アップデートされる前は必ずバックアップをおとりください。

【障害対応】
1.取引事例(林地)を取り込む際に、用途地域が取り込めない障害を修正いたしました。

2.前年度の地価公示統一フォーマットの事例データを取り込む際の以下の障害を修正いたしました。
・賃貸事例と取引事例(林地)を追加で取り込む際に、取り込む事例の一覧が正常に表示されない。
・賃貸事例を取り込む際に、「都市計画区域外」の区域区分が取り込めない。

3.新スキームまたは他社ソフトから出力された地価公示統一フォーマットの賃貸事例が取り込めない障害を修正いたしました。(弊社ホームページに公開済みのVer.1.0.2で修正済みです。)


ダウンロード後の設定手順
こちらの設定手順をご覧下さい

ダウンロード数: 197  
| 詳細な説明を見る |



お問い合わせフォームへ
Copyright © 2006-2009 OPS,INC. All rights reserved.
Theme Desinged by OCEAN-NET