検索
製品紹介
OPSソフトメニュー
OPS会社案内

OPS固標2018 機能詳細

OPS固標2018は、固定資産税評価額を算定し、鑑定評価書を作成するソフトです。

ソフトの特徴

  1. 最新の公的土地評価フォーマットに対応
    日本不動産鑑定士協会連合会の事例閲覧サービス(REA-jirei)のサーバから、3次データをダウンロードして使用(インターネット環境が必要)できます。※地価公示統一フォーマットの事例(JIREI10.TXT)は使用できません。
  2. OPS地価公示2017から賃貸事例、取引事例(独自事例)の取り込みが可能
    取引事例(独自事例)の取り込み機能は平成28年12月中の対応予定です。
    地価公示や調査で使用するJIREI10.txtからの取り込み、国土管理番号が付与されている新スキーム由来の事例は取り込めません。
  3. 総務省様式以外の市町村専用帳票にも対応
    各市町村専用の様式にも積極的に対応致します。また、前回ソフトで対応した市町村専用帳票は今回もお使いいただけます。約50の都道府県・市町村に対応した実績があります。
  4. 親子評価や間接法に対応
    総務省の様式にはありませんが、親子評価(価格形成要因の比較)や間接法にも対応しています。

  5. ネットワーク標準対応

    ネットワーク環境があれば複数のPCでデータを共有できます。
    データを統合するPCをサーバ機とし、残りのPCをクライアント機と設定します。各々が入力したデータはサーバ機に統合されます。1ライセンスにつき5台までインストール可能です。6台以上は追加ライセンスを購入して下さい。

  6. 公示や相続税と同じ操作性の比準機能

    比準計算画面の操作性を公示ソフトと合わせます。同時期にお使いいただいても操作に迷いません。

  7. 複数の環境を作成可能
    複数市町村を担当する場合に、価格の丸め設定や提出様式が市町村で異なっていても、毎回設定を変更しなくてもいい、とても便利な機能です。
  8. 標準宅地データをCSV形式で出力可能
    一覧入力画面からCSV形式で出力でき、OPS固標2018間で交換できます。Excelファイルで編集後に受け取ることもできます。
  9. バックアップ機能の改善
    地図・写真に変更がない場合は、終了時に
    地図・写真を含めずにバックアップします。終了時のバックアップ時間を短縮します。
  10. ディスプレイ上の地図から地図を簡単に作成
    ディスプレイ上に表示したでデジタル地図やPDFの地図から必要な箇所を切り取って地図を作成できます。
  11. 調整文の文章途中に標準価格などの金額を挿入可能
    査定根拠や比準価格決定理由の文章入力時に金額挿入機能を使うと、価格が変わってもその都度修正する必要がありません。評価書印刷時に最新の金額が印刷される便利な機能です。
     
  12. さらに平成28年12月中に対応予定の機能
    • 地図表示・採用機能
      地理院地図上で標準宅地や事例の位置を確認、採用もできます。
    • 路線価との格差をチェック
      標準宅地と事例の路線価格差を表示し、地域格差をチェックできます。
    • 採用事例の複写機能
      採用した3事例を他の標準宅地に複写できます。
    • 所在地漢数字一括変換
      3次事例データ受け取り時に所在地の漢数字を一括で算用数字に変換します。

より安全なバックアップ機能にバージョンアップ

システム終了時に自動でバックアップを行う自動バックアップ機能を搭載します。また、地図・写真データを含めずにバックアップもできます。バックアップファイル名は任意でつけることができるので、バックアップデータの履歴を管理できます。(ファイル名例:「3月10日提出用最終」等)
 

ログイン機能

セキュリティ強化の為、ログイン機能を搭載します。ソフトウェアの不正使用を防止します。
(オプションで使用しないよう選択することも可能です。)

写真や地図ファイルの貼り付けが可能

標準宅地調書にデジタルカメラで撮影した写真や地図システムで作成した画像ファイルを貼り付けし、印刷できます。

印刷帳票のページ番号設定が可能

ページ番号を一括で設定し、印刷できます。

田地・畑地・山林に表題を変えて標準宅地調書を作成可能

標準宅地調書の表題を「標準田地調書」や「標準畑地調書」、「標準山林調書」に変えて印刷できます。(帳票サンプル有

比準機能

  • 比準計算画面は評価地点と標準地・基準地・事例が一覧で見られます。この1画面で規比準・比準すべての比準計算ができます。事例は何件でも選択でき、その中からふさわしい事例を選択できます。
  • 比準表は普通住宅地区や普通商業地区など用途地区ごとに作成できます。コピー機能もあります。
    要因ごとにリニア(連続量)、マトリックス(非連続量の対照表形式)が選択できます。(例:幅員はリニア、駅距離はマトリックス)
    格差計算は減算・除算どちらでも可能です。また計算結果は丸めや有効桁の設定ができます。
    固標ソフトで作成した比準表は交換できます。また、他のオプスソフト(地価調査、地価公示、相続税)で作成した比準表も使用できます。

多彩な絞り込み・並べ替え機能

豊富な絞込条件を設定して多量な事例の中からも簡単に検索ができます。条件を絞り込んだデータをさらに並べ替えて表示させることもできます。

一覧入力可能

標準宅地や事例データは一覧形式で入力できます。
CSV形式で出力したファイルをExcelで編集後に読み込みできます。

印刷イメージ、プレビュー機能

プリンタで印刷する前に印刷イメージを画面で確認できます。
また、部数指定・印刷範囲指定・拡大印刷(A4→B4)もできます。 (拡大印刷はプリンタドライバに拡大印刷機能がある場合のみ可能)

文例の登録が可能

入力した文章を登録し、他の標準宅地で参照して使用できます。

OPS固標2015からのデータ引き継ぎが可能

OPS固標2015で作成したデータを引き継いで使用できます。
データの種類を指定して引き継ぐことが可能です。

 様々な角度からデータのチェックが可能

  • 比準価格・収益価格の妥当性チェック
    比準価格及び収益価格の標準価格に対する割合が指定範囲を超えるか
  • 事情補正・地域格差の数値範囲チェック
    取引事例比較法の事情補正及び地域格差が指定範囲を超えるか
  • 収益還元法の標準的画地の地積の整合性チェック
    収益還元法の標準的画地の地積が標準宅地と一致しているか
  • 採用事例の補正率の整合性チェック
    取引事例と取引事例比較法の事情補正・時点修正等が一致しているか
  • 標準宅地調書の未入力チェック
  • 採用した事例のチェック
    事例比較法のチェック画面で、他の評価書に使用した取引事例の内容(補修正率等)をチェックできます。
  • 評価書で採用した事例のチェックリスト
  • 地域要因整合性審査
  • 地域要因内訳表(標準地毎・取引事例毎)
  • 価格一覧表  など

隣接市町村との価格バランスのチェックが可能

隣接する市町村との価格のバランスを比較検討し、一覧表でチェックできます。
帳票サンプルは「OPS固標2018 出力帳票一覧」をご覧下さい。

時点修正一覧表の印刷が可能

3年間の時点修正に対応します。一覧表は価格時点から半年、さらに1年毎の年間の時点修正率・価格を算出し、帳票を印刷できます。
帳票サンプルは「OPS固標2018 出力帳票一覧」をご覧下さい。

 

※平成28年7月現在の情報です。仕様は変更する場合があります。

プリンタ用画面
前
製品概要
カテゴリートップ
OPS固標2018
次
出力帳票一覧

お問い合わせフォームへ
Copyright © 2006-2009 OPS,INC. All rights reserved.
Theme Desinged by OCEAN-NET