検索
製品紹介
OPSソフトメニュー
OPS会社案内

OPS精通者意見2016 機能詳細

OPS精通者意見2015からの改善点

  • 下期の割合を設定し年間変動率を入力すると、自動的に上期・下期変動率を算出します。

  • 予想売買価格の計算機能を改善します。
    • 税務署ごとに予想売買価格率を設定できます。
    • 予想売買価格率が「0」の場合に、本年意見価格と同額を予想売買価格としてセットします。
    • 予想売買価格率を小数第3位まで入力できます。

  • 宅地と農地・山林で価格の丸めを別々に設定可能にします。

  • 前年価格のない追加の枝の地点に、前年価格を0円として表示し入力可能にします。

  • 場所的格差に率が「0」の要因を入力可能にします。

エクセルファイルの入出力

税務署指定のExcelファイルを読み込み、入力結果を元のExcelファイルに書き戻すことができます。

前年ソフトからの便利なデータ移行

標準地番号が変更になっている場合も、住所でマッチングして以下の内容を利用できます。 

  • 運用登録の設定
  • 路線価、場所的格差・標準化補正(内訳入力画面の値も含みます)、借地権割合、予想売買価格、備考
  • 署管内の借地権割合の調査書、署管内の地価動向等調査書、署の最高標準宅地の精通者意見価格の評定理由書

標準地入力の計算オプション

本年意見価格や路線価の入力時に、変動率や場所的格差の再計算をするかしないかを選択できます。

年間変動率の自動計算

前本年意見価格から年間変動率を自動計算し、さらに下期変動率を入力すると上期変動率を算出します。

意見価格の試算

比準地から場所的格差による意見価格の試算、前年意見価格から変動率による意見価格の試算が行えます。また、新規地点を担当する場合に、Excelにない前年意見価格を入力できます。変動率による試算値を算出し、本年意見価格の参考にできます。

主要標準地の登録

担当ポイント以外の主要標準地(公示地・基準地・鑑定地)を登録できます。登録した主要標準地の前年公示価格・標準化補正・時点修正はその他主要標準地(比準公示地、比準基準地、比準鑑定地)に反映します。

一覧入力画面

複数項目での並べ替えができ、コピーした内容は複数個所に貼り付けられます。多量なデータも効率よく入力できます。

マージ機能

複数のパソコンで入力されたデータを、一つにまとめる事ができます。

税務署の複数登録

各税務署ごとにデータを入力・管理・印刷する事ができます。

シートスタイルの変更機能

入力画面の文字サイズや文字色などを好みのデザインに変更できます。

再計算機能

変動率や本年意見価格などの再計算を一括で行うことができます。 選択したデータのみ再計算することもできます。

主な出力帳票

詳細は「出力帳票一覧」でご覧下さい。

  • 精通者意見価格調書(宅地用、農地・山林用)
  • 評定根基等明細書
  • 精通者意見価格一覧表
  • 東京国税局管内の調査書等
    • 署管内の借地権割合の調査書
    • 署管内の地価動向等調査書
    • 署の最高標準宅地の精通者意見価格の評定理由書

 

 ※平成27年12月現在の情報です。仕様は変更の可能性があります。

プリンタ用画面
前
製品概要
カテゴリートップ
OPS精通者意見2016
次
出力帳票一覧

お問い合わせフォームへ
Copyright © 2006-2009 OPS,INC. All rights reserved.
Theme Desinged by OCEAN-NET