平成30年様式・フォーマットの変更

回答者: OPSサポート 掲載日時: 2017/09/07

平成30年様式・フォーマットの変更

・主な様式の変更
 1.宅地、宅地見込地、林地の1枚目に住所・電話(ともに自宅)欄を追加
 2.林地の評価書・事例カードの地域区分を変更

・主な機能追加・機能改善
 1.賃貸事例の図面カード 地図枠2つの様式を追加
 2.取引事例採用時のPickup機能を使用しない設定を追加
 3.純収益の一覧表を追加
 4.取引事例(宅地・林地)の印刷、取り出し時に「公開・非公開」・「分科会」の絞り込み条件を追加

※その他詳細は下記PDFファイルをご覧ください。

OPS地価公示2018 様式・フォーマットの変更/機能改善一覧(PDF)

以上

このFAQが掲載されているサイト名: 不動産鑑定業務支援ソフト・有限会社オプス : http://www.ops-soft.jp/modules/smartfaq/faq.php?faqid=656