検索
製品紹介
OPSソフトメニュー
OPS会社案内

OPS相続税2017 機能詳細

OPS相続税2017は相続税路線価を算定し、鑑定評価書を作成するソフトです。

OPS相続税2016からの主な変更点

 

1.平成29年度 鑑定評価書の変更

 標準宅地調書(一般、大工場、ゴルフ場) 画地条件等の「形状」、「間口」、「奥行」(ゴルフ場は「間口」、「奥行」のみ)の「※」がなくなりました。

 

2.公的評価フォーマットの事例の受け取りを改善
 2−1.所在地の漢数字一括変換
        受け取り時に所在地の漢数字を一括で算用数字に変換します。

 2−2.整理番号の更新
        属性情報の更新時に整理番号も更新します。公示と同じ整理番号で事例を検索できます。      

3.比準機能を改善
 3−1.計算画面の操作性を改善
        同時にお使いいただく公示や固標ソフトと同じ操作手順です。

 3−2.比準表の駅名を200件まで登録可能
        調査・公示ソフトで作成した比準表もそのまま使えます。      

 

 比準機能

比準表のデータはOPSソフト間(公示や調査)で受け渡しできます
取引事例や公示地・基準地との比準により、地域格差を算出できます。地域格差はマトリックス(非連続量の対照表形式)とリニア(連続量)のどちらの計算方式でも算出できます。
比準計算が正常にできない(評点がない、計算に必要な値が入っていないなど)場合に、警告のメッセージを表示しお知らせします。帳票でも確認できます。
駅前広場の標準地や事例も、比準計算用の幅員で比準計算できます。

ヘルプ機能

よくあるお問合せとその解決策をソフトで閲覧できます。マニュアルやホームページを見なくても素早く解決できます。

 

ログイン機能

セキュリティ強化の為、ログイン機能を搭載しています。ソフトウェアの不正使用を防止します。(オプションで使用しないよう選択できます。)

 

より安全なバックアップ機能

 システム終了時に自動でバックアップを行う自動バックアップ機能を搭載しています。(オプションで使用しないよう選択することも可能です。)
さらに、より安全にソフトウェアをお使いいただけるようバックアップ機能を改善し、お客様の大切なデータをお守り致します。

 

ネットワーク対応

 サーバ・クライアントを設定していただくと、2台以上のコンピュータからデータを入力することが可能です。1ライセンスでは5台のコンピュータで使用できます。
※複数のコンピュータで同時に同じデータを更新した場合は、最後に保存したデータに書き換わります。

 

大工場・ゴルフ場対応

 一般の標準地だけでなく大工場・ゴルフ場様式にも対応しております。

 

弊社の他ソフトとの連携

 OPS地価公示2017・OPS地価調査2016の公示地や基準地・独自事例や賃貸事例・比準表を取り込むことができます。

  

データの引き継ぎ機能

 OPS相続税2016からデータを引き継いで使用できます。


比準(事例比較法)の便利な操作

採用したい事例を検索する場合に、標準地の町名、用途から推測した事例の候補を自動的にピックアップします。また、複数の市区町村や駅名、事情補正の有無など様々な条件を組み合わせて最適な事例を選択できます。
事例比較法の画面から採用した事例を編集できます。標準化補正の変更も簡単です。 
採用した事例の内容を見ながら、比準価格決定の文章を入力できます。
 

公的評価フォーマット(3次データ)の受け取り、属性情報(4次データ)の更新にも対応

 公的評価フォーマットの受け取り、属性情報の更新も、それぞれボタン1つで可能です。受け取り時に標準化補正を除くオプションもあります。
 

評価書入力

文章入力箇所で、句読点の重複(「、、」や「。。」)や文章の最後に「。」がない等チェックする校正機能があります。
文章入力箇所を拡大表示して入力できます。

 

 

補修正表・チェックリストが印刷可能

   以下の補修正表・チェックリストを印刷できます。
取引事例比較法で採用した事例の地域要因一覧表
取引事例・賃貸事例補修正表
鑑定評価書に使用した取引事例の一覧表
評価書に採用している純収益の賃料や地域要因の率と内訳の不整合など14項目のチェックリスト
公示地(基準地)と取引事例または賃貸事例間の地域要因の整合性の審査

取引事例カードをまとめて印刷

 評価書に採用した取引事例カードを標準地番号順に印刷できます。提出する際、並べ替える必要がないので大変便利な機能です。取引事例番号毎に印刷することもできます。

ユーティリティ機能

 <鑑定評価書データの年度更新>
前年から継続して担当する標準地の年度を、一括で変更できます。

 <時点修正の再計算>
取引事例の時点修正率を一括で再計算します。事例を鑑定評価書に採用したあとでも再計算できます。

<事例一括更新>
評価書に採用している事例の内容を、鑑定評価書および純収益の入力画面に一括で更新できます。

フォントの変更機能

 事例カードやその他帳票の項目見出し等のフォントと入力したデータのフォントをそれぞれMSゴシック・MS明朝から選択できます。 

 

※平成28年10月現在の情報です。仕様は変更になる可能性があります。

 

 

 

 

 

 

 

プリンタ用画面
前
製品概要
カテゴリートップ
OPS相続税2017
次
出力帳票一覧

お問い合わせフォームへ
Copyright © 2006-2009 OPS,INC. All rights reserved.
Theme Desinged by OCEAN-NET